第5回東京大学「医療技術評価」シンポジウム
医療技術の費用対効果評価の試行的導入
-今後の取組みと大学の役割-

2012年5月より始まった厚生労働省の中医協による医療技術評価(HTA)導入の検討は、4年間の審議を経て2016年度より試行的に導入されることになりました。安倍内閣は、既に「日本再興戦略」改訂2014に費用対効果の検討を明記し、新制度の導入を国家の既定路線としています。そのような我が国の動きは海外からも関心を呼び、去る5月、医療技術評価国際学会HTAi2016が東京で開催されました。そこでは、厚生労働省、経済産業省、日本医師会等からの後援により、HTAの試行的導入に関わる3つの政府関連パネルが開催され、わが国の新制度が広く海外に紹介されました。

本シンポジウムでは、HTAi2016東京後のフォローアップとして、今後の諸課題を討議します。厚生労働省をはじめ、産官学およびメディアの代表的リーダーから、あらためて新制度に対する考え方や今後の取組みを語っていただくとともに、特に、大学がこれから果たすべき役割について考えます。

日時:2016年10月24日(月)16:00-18:00
場所:東京大学 福武ホール(本郷キャンパス赤門横)地下2階
福武ラーニングシアター(地図
主催:東京大学公共政策大学院「医療技術評価・政策学」寄付講座
共催:キヤノングローバル戦略研究所 (CIGS)
東京大学公共政策大学院 科学技術イノベーション政策の科学教育・研究ユニット
後援:明治大学国際総合研究所

参加無料 要事前登録

同時通訳(日本語/英語)あり

プログラム

16:00-16:05 開会の挨拶
飯塚敏晃 東京大学公共政策大学院院長

<第1部>
16:05-16:25 講演 「費用対効果評価の動向と今後の展望ー価値(Value)に基づく医療技術評価へー」
眞鍋馨 厚生労働省保険局医療課企画官
16:25-16:40 講演 「保険診療における費用対効果評価導入の経緯と日本型の評価のあり方について」
鈴木邦彦 日本医師会常任理事
16:40-16:55 講演 「製薬産業からみた費用対効果評価」
土屋裕 エーザイ(株)代表執行役・副社長
16:55-17:10 講演 「新HTA制度導入にメディアが果たす役割」
庄子育子 日経BP社 医療局編集委員/日経ビジネス編集委員
<第2部>
17:10-17:55 パネル討論 「試行的導入の今後の取組みと大学の役割」
司会 鎌江伊三夫 東京大学公共政策大学院 特任教授
パネリスト
飯塚敏晃
土屋裕
庄子育子
小林廉毅(東京大学大学院医学系研究科公衆衛生学教授)
眞鍋馨

17:55-18:00 閉会の挨拶
福井俊彦 キヤノングローバル戦略研究所理事長