download graspp user website pdf tell external home arrow_down arrow_left arrow_right arrow_up language mail map search tag train

東京大学公共政策大学院 | GraSPP / Graduate School of Public Policy | The university of Tokyo

【Guest Speaker Seminar】「比較ガバナンス」ブルース アロンソン氏(一橋大大学院国際企業戦略研究科教授、長島・大野・常松法律事務所顧問) June 8, 2016

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

日本を代表し、世界的にも有名な一流大企業、コーポレートガバナンスでも先進的な企業とされてきた企業も含め、不祥事が相次いでいます。
公共政策大学院では、「コーポレートガバナンス」の授業において、下記のとおり、日米の大学で日本や諸外国のコーポレートガバナンス制度を研究し、両国の法律事務所等で実務経験も積まれたブルース・アロンソン先生(一橋大大学院国際企業戦略研究科教授、長島・大野・常松法律事務所顧問)から、各国のガバナンス制度の違いについてお話を伺います。
http://www.ics.hit-u.ac.jp/jp/bl/professor/aronson.html
http://www.noandt.com/data/lawyer/index/id/1864/

履修登録学生以外の聴講も歓迎しますので、本学学生で聴講を希望する学生の皆さんは、当日、以下の講義場所に来てください。
(なお、聴講に当たり、事前の登録、連絡は不要です。)

1 日時: 6月15日(水) 10:25~12:10

2 場所: Ad 625(第二本部棟6階)
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_06_05_j.html

3 演題: 比較ガバナンス(米国、韓国、ドイツ等)

4: 使用言語: 日本語

5: その他

講演終了後に質疑応答あり