download graspp user website pdf tell external home arrow_down arrow_left arrow_right arrow_up language mail map search tag train

東京大学公共政策大学院 | GraSPP / Graduate School of Public Policy | The university of Tokyo

S1S2月曜4限「行政法の現代的諸問題」 June 27, 2016

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

6月27日の授業でお話しのあった宇宙開発戦略本部は、宇宙基本法に基づく本部ですが、本部には法律に基づく
もののほか閣議決定に基づくものもあります。通常、内閣総理大臣が本部長となり、すべての閣僚が本部員となり、
事務局が内閣官房や内閣府に置かれますので、総合調整機能を期待されているといえます。本部について詳しくは、
概説Ⅲ133~137頁を参照してください。お話しのあった宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、独立行政法人です。
2014年の独立行政法人通則法の改正で、独立行政法人は、中期目標管理法人、国立研究開発法人、行政執行
法人に3分され、JAXAは、国立研究開発法人になります。詳しくは、概説Ⅲ267~268頁を参照してください。第三者
賠償責任保険と国の補償については、一定額までは第三者賠償責任保険への加入を義務付け、それを超える部分は
国が補償しますが、国の補償は無制限ではなく上限が設けられています。このような仕組みの先例としては、
「展覧会における美術品損害の補償に関する法律」があります。
7月4日は、総務省の湯本博信氏にインターネット上の個人情報・利用者情報の保護について、最新の動向も含めて
お話しいただく予定です。

宇賀克也