download graspp user website pdf tell external home arrow_down arrow_left arrow_right arrow_up language mail map search tag train

東京大学公共政策大学院 | GraSPP / Graduate School of Public Policy | The university of Tokyo

中止:【Guest Speaker Seminar】 「なぜ日本からグローバルリーダーが出ないのか?」(フォーリン・プレスセンター 赤阪清隆理事長) November 1, 2016

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

下記のセミナーは、都合により中止となりました。

これからのグローバルな世界で求められる人材とは何か。日本として、日本人として国際社会、国際機関で果たすべき役割は?外交官として多国間外交 に携わるとともに、国連広報担当事務次長など国際機関において要職を歴任し、2012年からフォーリン・プレスセンター理事長を務める赤阪清隆氏からご自 身の経験を踏まえたお話を伺います。

履修登録学生以外の聴講も歓迎しますので、本学学生で聴講を希望する学生は直接教室に参集願います。

日時: 11月17日(木) 14:55-16:40

場所: 法学政治学系総合教育棟 S Law 102号室

使用言語: 日本語

【赤阪清隆氏略歴】

1971年に外務省に入省。入省後は国際機関での勤務が長く、1988GATTWTOの前身)事務局、1993年世界保健機関(WHO)事務局、2000年に国連日本政府代表部大使を務める。2003年に経済協力開発機構(OECD)事務次長に就任。20074月から20123月までは国連広報担当事務次長(広報局長)として、世界中の国連広報センターや既存のメディア、ソーシャルメディアなどを活用した国連の広報強化に尽力した。20128月より現職。