download graspp user website pdf tell external home arrow_down arrow_left arrow_right arrow_up language mail map search tag train

東京大学公共政策大学院 | GraSPP / Graduate School of Public Policy | The university of Tokyo

【Guest Speaker Seminar】「国際刑事裁判所の現状と課題」(国際刑事裁判所 尾﨑久仁子判事) November 25, 2016

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

ozaki-roll

国際刑事裁判所(International Criminal Court)は、1998年に採択された国際刑事裁判所に関するローマ規程に基づき、2003年ハーグに設立されました。日本は、2007年にローマ規程に加入し、以来、裁判所の活動に積極的に参加してきました。

尾﨑判事は1979年外務省に入省、法務省入国管理局難民認定室長、外務省人権難民課長、在ウィーン国際機関代表部公使などを経て、2010年に国 際刑事裁判所判事に当選、2013年には国際刑事裁判所第1審裁判部長、2015年からは国際刑事裁判所第2副所長を務めています。また、この間、東北大 学大学院法学研究科教授、政策研究大学院教授を歴任、著書に『国際人権・刑事法概論』(2004年、信山社出版)があります。

今回のセミナーでは、国際刑事裁判所の現状と課題についてお話しいただきます。

履修登録学生以外の聴講も歓迎しますので、本学学生で聴講を希望する学生は直接教室に参集願います。

日時: 12月22日(木) 14:55-16:40

場所: 法学政治学系総合教育棟 S Law 301号室

使用言語: 日本語