download graspp user website pdf tell external home arrow_down arrow_left arrow_right arrow_up language mail map search tag train downloads

東京大学公共政策大学院 | GraSPP / Graduate School of Public Policy | The university of Tokyo

GraSPP Research Seminar/SSU Forum “米軍のアフガニスタンからの撤退−教訓と示唆−” 2021年07月07日(水)

GraSPP Research Seminar 

タイトル米軍のアフガニスタンからの撤退教訓と示唆−”
日程: 2021077日(水)
時間: 900am ~10:00am
会場: ZOOMでのオンライン開催となります
ご登録完了後、会議前日に事務局より招待URLをお送りします
言語英語
申込:お申し込みはこちら
主催東京大学公共政策大学院  / 東京大学未来ビジョン研究センター安全保障研究ユニット

概要:バイデン政権は、20年に渡るアフガニスタン介入に終止符を打ち、米軍を早急に撤退させることを発表しました。しかし、アフガニスタンの将来については、未だ多くの不確定要素があります。本セミナーでは米コロンビア大学・外交評議会のスティーブン・ビドル教授をお迎えし、20年間のアメリカのアフガニスタンへの関与を評価していただきます。アメリカや国際社会が過去に得た成果や問題点を精査した上で、アフガニスタンの平和と安定への道筋と課題、政策・ドクトリン上の教訓、和平合意への影響等、米ーアフガニスタン関係について多岐にわたり議論します。

PDF(136KB)