download graspp user website pdf tell external home arrow_down arrow_left arrow_right arrow_up language mail map search tag train

東京大学公共政策大学院 | GraSPP / Graduate School of Public Policy | The university of Tokyo

大串 和雄 OHGUSHI, Kazuo

教授 / Professor 大串 和雄OHGUSHI, Kazuo

Courses in AY 2019

  • 5122211 発展途上国の政治
  • 5122286 ラテンアメリカの移行期正義―真実・正義・和解・記憶
  • 5122294 紛争、独裁後の移行期正義―真実・正義・和解・記憶

略歴

研究分野

比較政治、ラテンアメリカ政治、平和研究

人権問題、移行期正義、軍と政治、権威主義の政治、民主化、ラテンアメリカの社会運動、ラテンアメリカの左翼勢力

主要研究業績

『地球民主主義の条件 - 下からの民主化をめざして』坂本義和氏と共編、同文舘出版、1991年。

「ペルー軍の社会学的素描に関する覚書 - 『ペルー革命』研究の手がかりとして」『山形大学紀要(社会科学)』221号、19917月、33-80ページ。 「南米軍部の国家安全保障ドクトリンと『新専門職業主義』」『国際政治』98号、199110月、8- 22ページ。 『軍と革命 - ペルー軍事政権の研究』東京大学出版会、1993年。 "Las relaciones cívico-militares y el futuro de la democracia en América Latina," en Relaciones cívico-militares y democracia en América Latina en los años 90 (Simposio internacional organizado por Sociedad Latino-Americana, 28 de enero, 1994 en Tokio) (Tokio: Sociedad Latino-Americana, 30 Sept. 1994), pp. 37-54, con un comentario, p. 68. 『ラテンアメリカの新しい風 - 社会運動と左翼思想』同文舘出版、1995年。 「罰するべきか許すべきか - 過去の人権侵害に向き合うラテンアメリカ諸国のジレンマ」『社会科学ジャーナル』(国際基督教大学)40号、19992月、139160ページ。 「世紀転換点のラテンアメリカ政治」清水透編『南から見た世界 5 ラテンアメリカ 統合圧力と拡散のエネルギー』大月書店、1999年、171198ページ。 「イベロアメリカの自由民主主義、社会民主主義、キリスト教民主主義」日本政治学会編『三つのデモクラシー - 自由民主主義・社会民主主義・キリスト教民主主義』年報政治学2001、岩波書店、2002年、109121ページ。 「序論 『民主化』以後のラテンアメリカ政治」『国際政治』第131号、200211月、115ページ。 「ペルーの人権NGO - その組織と活動」岩村正彦・大村敦志編『融ける境 超える法1 個を支えるもの』東京大学出版会、2005年、357ページ。 「国境を超える社会 - トランスナショナル社会運動」江頭憲治郎・碓井光明編『法の再構築1 国家と社会』東京大学出版会、2007年、259281ページ。 『政治空間の変容と政策革新 1 政策革新の理論』城山英明氏と共編、東京大学出版会、2008年。 「ペルーにおける人権運動の考察」(一)(二)『国家学会雑誌』第121巻第56号、20086月、134ページ、第12178号、20088月。 「『犠牲者中心の』移行期正義と加害者処罰―ラテンアメリカの経験から」日本平和学会編『体制移行期の人権回復と正義[平和研究 第38号]』早稲田大学出版部、20124月、122ページ。 「国家による暴力―現代世界の人権侵害をめぐって」『山形大学法政論叢』第5859号、20143月。21世紀の政治と暴力―グローバル化、民主主義、アイデンティティ』編著、晃洋書房、2015年。