download graspp user website pdf tell external home arrow_down arrow_left arrow_right arrow_up language mail map search tag train

東京大学公共政策大学院 | GraSPP / Graduate School of Public Policy | The university of Tokyo

齋藤 潤 SAITO, Jun

非常勤講師 / Part-time Lecturer 齋藤 潤SAITO, Jun

Courses in AY 2019

  • 5123390 日本のマクロ経済分析と政策形成

略歴

1978年
東京大学大学院経済学研究科修士課程修了
1978年
経済企画庁(現在の内閣府)入庁
1982~1984年
英国オックスフォード大学大学院留学
1987~1990年
国際通貨基金(IMF)事務局エコノミスト
1993~現在
青山学院大学大学院国際政治経済学研究科非常勤講師
1996~1998年
日本経済研究センター経済分析部主任研究員
2005~2007年
内閣府大臣官房審議官(経済財政運営担当)
2005~2009年 
(併任)内閣府計量分析室長
2007~2012年 
内閣府政策統括官(経済財政分析担当)
2012~2017年
慶應義塾大学大学院商学研究科特任教授
2012年~現在 
日本経済研究センター研究顧問
2012年~現在
東京大学公共政策大学院非常勤講師
2016年~現在 
国際基督教大学教養学部客員教授
2018年~現在
慶応義塾大学大学院商学研究科及び経済学部特別招聘教授

研究分野

マクロ経済学、日本経済論、経済政策論

主要研究業績

1980年 「アメリカにおける政府規制改革」、ESP,12月号。
1981年 「『政治的景気循環』の理論」、ESP、6月号。
1986年 「金融市場と金融政策」及び「日本の物価問題」、金森久雄・香西泰編「日本経済読本(第10版)」(東洋経済新報社)所収、第5章及び第9 章。
1991年 「経済自由化政策とシークエンシング」、ESP、7月号。
1993年 「欧州通貨統合とマクロ経済政策」、日本EC学会年報13号『ECの政治統合』(有斐閣)所収。
1995年 「ニュージーランドの経済改革」、ESP,11月号。
1996年 「公共料金」、貝塚啓明・香西泰・野中郁次郎監修『日本経済辞典』(日本経済新聞社)所収、第12章VI。
1998年 「人口減少によるマイナス成長を避けるためのシナリオ」、エコノミスト、5月19日号。
1999年 「香港経済とカレンシーボード制(上)(下)」、ESP, 2月号、3月号。
2000年 「アジア太平洋地域の長期経済展望―アジア危機は何を示唆しているか」、ESP、3月号。
2001年 「グローバル時代の国際政策協調」、小峰隆夫・原田泰・宮崎勇編『日本経済再生の視点』(岩波書店)所収、第7章。
2011年 『日本経済・金融の諸問題』、2010年度証券アナリスト第2次レベル通信教育講座テキスト第5回分(日本証券アナリスト協会)(改定版:2012年2月、2013年2月、2014年2月、2015年2月、2016年2月、2017年2月、2018年2月、2019年2月)。
2013年 『超成熟社会発展の経済学』、樋口美雄・駒村康平・齋藤潤(編著)(慶應義塾大学出版会、2013年)。
2014年 『2035年の経済社会とイノベーション』、駒村康平・齋藤潤(編著)(慶應義塾出版会、2014年)
2015年 『超高齢・人口減少社会のイノベーション』、樋口美雄・駒村康平・齋藤潤(編著)(慶應義塾大学出版会、2016年)

【英語】
1988年 “New Zealand’s Restructuring Entails Broader Scope for Market Forces,” IMF Survey, International Monetary Fund, November 28.
1991年 “Savings in Asian Developing Countries-What Measures Could be Taken to Stimulate Private Savings in Thailand?” Working Paper No.7, Economic Research Institute, Economic Planning Agency (EPA), Japan.
1996年 “Deepening of Economic Interdependence in the Asia-Pacific Region: Its Structure and the Driving Forces,” paper presented at the EPA Conference on “Macroeconomic Interdependence in the Asia Pacific Region,” held in Tokyo, Japan.
1997年 “Appreciation of the Yen and its Effect on the Japanese Economy,” in Exchange Rate Fluctuations and Macroeconomic Management, Background Papers, Japan Center for Pacific Economic Outlook (PEO), Pacific Economic Cooperation Council (PECC).
1997年 “The Japanese Business Cycle After 1991: How is it Different, and Why?” Journal of Asian Economics, Vol. 8, No.2, pp.263-293.
1998年 “Declining Population and Sustained Growth: Can They Coexist?” with Yutaka Kosai and Naohiro Yashiro, American Economic Review, Papers and Proceedings, May, pp. 412-416.
1999年 “The Asian Crisis: Its Impact on Trade and Foreign Direct Investment,” paper presented at the Fourth Evian Group Meeting on the “Globalization of the East Asian Crisis: Implications for Trade & Investment and the WTO Agenda,” held in Lausanne, Switzerland.
2000年 “Long-term Growth Prospects of Asia-Pacific Economies: What Does the Asian Crisis Imply?” in The APEC Economic Committee Symposium, The Future of Asia Pacific Economies, Papers and Proceedings, Asia-Pacific Economic Cooperation (APEC) Economic Committee, Tokyo, Japan.
2004年 “Structural Reform to Transform the Japanese Economy,” in Ryuzo Miyao (ed.), Corporate Structural Transformation in Japan, Research Institute for Economics & Business Administration, Kobe University.
2006年 “Was Quantitative Easing Policy Effective? An Empirical Analysis of the Monetary Policy in Japan during 2001-2006” (with Tsuyoshi Mihira, Nariyasu Yamasawa, and Haruki Seitani), paper presented at the Economic and Social Research Institute (ESRI) International Conference on “The Changes of the Japanese Economy during the so-called Lost Decade and the Recovery out of it,” held in Tokyo, Japan.
2006年 “Economic Policies in Japan Since 2001: Stocktaking of Lessons and Outstanding Issues,” paper presented at the ESRI International Conference, ditto.
2011年 “Debt Sustainability in Japan,” paper presented at the Asia Europe Economic Forum (AEEF) Conference held in Seoul, Korea, December 9-10.
2012年 “Social Security System and Public Finance in an Aging Economy,” paper presented at the Asia Development Bank Institute (ADBI)-North East Asia Research (NEAR) Joint Conference held in Seoul, Korea, March 12.
2013年 “European Monetary Integration and Sovereign Debt Crisis”, JCER
Discussion Paper No.139, Japan Center for Economic Research, April 2013.
2013年 “The Prospects and Risks of the Japanese Economy: Consumption Tax Rate Increase and Fiscal Consolidation,” paper presented (in Japanese)at the National Research Council for Economics, Humanities, and Social Sciences (NRCS) Seminar on “Prospects on Chinese and Japanese Economy: Risks and Korean Economy” held in September 2013, Seoul, Korea.
2014年 “Immigration: a solution for Japan’s plummeting population?”, Australia & Japan in the Region, Australian National University, Volume 2, No. 4, August 2014; also in East Asia Forum Quarterly, Vol.6 No.3, Australia-Japan Research Center, July-September 2014, and in East Asia Forum, East Asian Bureau of Economic Research and South Asian Bureau of Economic Research, December 31, 2014.
2016年 “Japan’s Economy and Policy in a Global Context: Postwar Experience and Prospects for the 21st Century”, in Michael J. Green and Zack Cooper (eds.), Postwar Japan: Growth, Security, and Uncertainty since 1945, Center for Strategic and International Studies (CSIS), Rowan & Littlefield.
2018年 2017 Trilateral Economic Report: The Economic Impacts of the Olympic Games, co-authored with Jian Chen, Won Joo, and Jun-beom Oh, Trilateral Cooperation Secretariat, Seoul, Korea.