download graspp user website pdf tell external home arrow_down arrow_left arrow_right arrow_up language mail map search tag train

東京大学公共政策大学院 | GraSPP / Graduate School of Public Policy | The university of Tokyo

湯山 智教 YUYAMA, Tomonori

特任教授 / Project Professor 湯山 智教YUYAMA, Tomonori

公共政策大学院

Courses in AY 2019

  • 5140348 事例研究(金融システム分析)
  • 5140395 事例研究(資本市場と公共政策)
  • 5140396 事例研究(金融資本市場論)
  • 5123488-1 金融市場と公共政策

研究分野

金融市場の実証分析、金融監督・法規制、金融システム、証券市場

略歴

1997年株式会社三菱総合研究所入社。主に公益事業・金融分野における受託研究を担当(産業戦略研究センター研究員等)。
2001年金融庁入庁(Ⅰ種経済職)。監督局(総務課(企画調整)、銀行第一課)、証券取引等監視委員会事務局(総括調整官、証券検査、市場分析審査)、総務企画局(大臣政務官秘書官、総合政策、保険企画、国際)、米国財務省通貨監督局(OCC: Office of the Comptroller of the Currency, Washington, D.C.)、日本銀行(金融市場局)、財務省(理財局財政投融資)等において、金融監督、市場監視・モニタリング、政策金融等の担当を経て、2017年より現職(東京大学公共政策大学院特任教授)。

早稲田大学大学院修了(商学研究科博士後期課程)。博士(商学)早稲田大学。
慶應義塾大学大学院修了(SFC政策メディア研究科修士課程)。

日本ファイナンス学会、日本リアルオプション学会、日本保険・年金リスク学会、日本金融学会、日本経営財務研究学会会員。

公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。

主要研究業績

(学術論文等)
・ESG開示スコアとパフォーマンス、証券アナリストジャーナル2019年10月号、公益社団法人日本証券アナリスト協会(白須洋子氏、森平爽一郎氏と共著)(掲載予定)
・「重要事実をその職務に関し知った」の意義、商事判例研究No.3337、ジュリスト2019年3月号、有斐閣
・ESG投資のパフォーマンス評価を巡る現状と課題、「資本市場リサーチ」2019 年冬季第50号(特別号)85-112頁、2019年2月、みずほ証券株式会社・日本投資環境研究所(東京大学公共政策大学院ワーキングペーパーシリーズ GraSPP-DP-J-18-001)
・市場データ等を活用したデフレ確率及び物価目標達成確率の推計、東京大学公共政策大学院ワーキングペーパーシリーズ(GraSPP-DP-J-18-001)、2018年6月(森平爽一郎氏と共著)
・リスクプレミアムを勘案した市場における期待インフレ率の抽出に関する実証分析、現代ファイナンス、No.39、1-30頁、2017年、日本ファイナンス学会、査読付(森平爽一郎氏と共著)
・物価連動国債の元本保証-消費者物価指数に関するリアルオプション-、日本リアルオプション学会機関誌 Vol.8 No.3、32-45頁、2016年、日本リアルオプション学会、査読付(森平爽一郎氏と共著)
・インフレ保険とインフレリスクを考慮した保険と年金の価値、JARIP会報大会プロシーディング特集号Vol.3、17-31頁、2016年、日本保険・年金リスク学会(森平爽一郎氏と共著)
・我が国の物価連動国債にかかる元本保証オプションプレミアムの推計、早稲田大学商学研究科紀要第82号、47-66頁、2016年、査読付
・我が国におけるブレーク・イーブン・インフレ率とリスクプレミアムについて、早稲田大学商経論集第108号、13-24頁、2015年
・我が国銀行セクターにおけるプロシクリカリティに関する実証分析、早稲田大学商学研究科紀要第79号、127-147頁、2014年、査読付
・マクロプルーデンス政策を巡る論点と今後の課題 ― 国際的な議論の動向を中心に ― 、早稲田大学商学研究科紀要第78号、111-130頁、2014年、査読付
・Using Survey Data to Correct the Bias in Policy Expectations Extracted from Fed Funds Futures, Journal of Money, Credit and Banking 41(8), 1631-1647, 2009 (with Hibiki Ichiue), 査読付
・Biases in Monetary Policy Expectations Extracted from Fed Funds Futures and Surveys, Bank of Japan Working Paper Series 07-E-15, 2007(with Hibiki Ichiue)

(書籍)
「金融資本市場のフロンティア―東京大学で学ぶFinTech、金融規制、資本市場」中央経済社、2019年(神作裕之氏、小野傑氏と共編著)
「金融とITの政策学-東京大学で学ぶFinTech・社会・未来」株式会社きんざい、2018年(神作裕之氏、小野傑氏と共同編集)

(学会・研究会報告等)
・講演「ESG投資のパフォーマンス評価を巡る論点と課題」公益社団法人日本証券アナリスト協会(2019年6月18日)
・ESG投資と信用格付、日本ファイナンス学会第27回大会(慶應義塾大学三田キャンパス、2019年6月)(伊藤晴祥氏、森平爽一郎氏と共同)
・ESG開示スコアとパフォーマンス、日本金融学会2018年度秋季大会(名古屋市立大学、2018年10月)、日本経営財務研究学会第42回全国大会(一橋大学、2018年10月)、日本保険・年金リスク学会研究発表大会(明治大学中野キャンパス、2018年11月)、日本リアルオプション学会(※研究発表奨励賞受賞、東京経済大学、2018年12月)、金融SDGs研究会定例会(野村総研、2018年12月)(白須洋子氏、森平爽一郎氏と共同)
・判例評釈「金融商品取引法166条1項5号にいう「重要事実をその職務に関し知った」の意義」(野村證券公募増資インサイダー事件課徴金納付命令取消訴訟:東京高判平成29年6月29日金判1527号36頁(原審=東京地判平成28年9月1日金判1503号46頁))東京大学商法研究会、2018年4月
・我が国金融市場におけるESG投資とパフォーマンス、保険および金融についての研究ワークショップ(神戸大学梅田インテリジェントラボラトリ、2018年3月)、日本ファイナンス学会第26回大会(一橋大学、東京、2018年6月)(森平爽一郎氏と共同)
・市場データ等を活用したデフレ確率の算出とその課題、日本リアルオプション学会研究発表大会(金沢、2017年)、日本保険年金リスク学会研究発表大会(東京、2017年)、日本金融学会2018年度春季大会(専修大学、東京、2018年5月)(森平爽一郎氏と共同)
・インフレ保険とインフレリスクを考慮した保険と年金の価値、日本保険・年金リスク学会研究発表大会(損保会館、東京)、2015年10月(森平爽一郎氏と共同)
・物価連動債の元本保証:そのオプション価値、日本リアルオプション学会研究発表大会(国際大学、新潟)、2015年(森平爽一郎氏と共同)
・リスクプレミアムを勘案した市場における期待インフレ率の抽出について、日本経営財務研究学会第39回全国大会(九州大学)、MPTフォーラム(東京)、日本ファイナンス学会第23回大会(東京大学)、2015年(森平爽一郎氏と共同)
・Biases in Monetary Policy Expectations Extracted from Fed Funds Futures and Surveys, Asian Finance Association (AFA) and the Nippon Finance Association (NFA) 2008 International Conference, Yokohama (with Hibiki Ichiue)

(レポート・寄稿・報告書(公表物のみ)等)
・証券・資産運用ビジネスにおけるAI活用の行方、週刊金融財政事情2019年4月15日号3304号(小野傑氏、大崎貞和氏と共同)
・公開シンポジウム「新時代における金融システム・法制度の展望」における議論を通じて、商事法務NBL、No.1134、2018年11月15日号(三井秀範氏・神作裕之氏と共同)
・代替的資金調達手段としてのICOについて考える、週刊金融財政事情2018年7月16日号3269号(大崎貞和氏、小野傑氏と共同)
・スチュワードシップ・コード改訂と責任ある機関投資家像を考える、週刊金融財政事情2018年3月19日号3253号(大崎貞和氏、小野傑氏と共同)
・平成 27 年度の証券検査基本方針及び証券検査基本計画について、2015年、日本証券業協会に寄稿
・リーマン・ショック後の経済金融危機における財政投融資の対応(上・下)、ファイナンス第47巻第6号19-27頁・第7号 36-45頁、2011年9月・2011年10月、財務省(美並義人・宮地理陽氏と共著)
・金融政策に関する市場の期待抽出とリスク・プレミアム ― 米国のケースから学ぶ ―、日銀レビュー07-J-8、2007年、日本銀行(一上響氏と共著)
・投資対効果評価システムの開発、委託研究成果報告書JNC TJ9400; 2001-018、2001年、核燃料サイクル開発機構(三菱総合研究所:芝剛史氏他と共同)
・FBRサイクルの多面的評価手法の改良、委託研究成果報告書JNC TJ9400; 2001-13、2001年、核燃料サイクル開発機構(三菱総合研究所:芝剛史氏他と共同)
・FBR実用化サイクルの総合評価システムの開発、委託研究成果報告書JNC TJ9400; 2001-12、2000年、核燃料サイクル開発機構(三菱総合研究所:芝剛史氏他と共同)
・FBR研究開発の投資対効果評価システムの詳細検討、委託研究成果報告書JNC-TJ9440;2000-011、2000年、核燃料サイクル開発機構(三菱総合研究所:芝剛史氏他と共同)
・日本のエネルギー需給構造および経済性の将来予測に関する調査、委託研究成果報告書JNC-TJ9440;2000-001、1999年、核燃料サイクル開発機構(三菱総合研究所:芝剛史氏他と共同)
・FBR研究開発に関する投資対効果評価システム概念の構築、委託研究成果報告書JNC-TJ9400;99-006、1999年、核燃料サイクル開発機構(三菱総合研究所:芝剛史氏他と共同)
・産業・エネルギー・環境の未来(CO2排出量予測、施策導入の効果シミュレーション)、三菱総合研究所全社的研究開発平成10年特別講演会、1998年(吉田康之・寺村孝太郎・芝剛史氏と共同)

以 上