グローバルガバナンス研究教育センター

Center for Research and Education
in Global Governance

GraSPP

menu
Center Research Education Global Governance Center Research Education Global Governance

イノベーションガバナンス エキスパート養成プログラム

概要

  • 1.講座の目的

    本講座は、イノベーションと表裏一体の関係にある「ガバナンス」について、多角的な観点から学び、イノベーションの社会実装を担う人材を養成することを目的とする。

    イノベーションを社会に実装するためには、そこで用いられる新しい技術やビジネスモデルが社会から信頼され、受容される必要がある。そのためには、実装しようとするイノベーションが、社会のニーズに合致するインパクトをもたらし、リスクが適切に管理されていることが求められる。そのような状態を実現することが「ガバナンス」の目的である。

    一方、変化が早く複雑で予測困難な現代社会においては、ルール・組織・意思決定過程などのガバナンスのための仕組みも、一層迅速、柔軟に運用され、改変可能であることが求められる(アジャイル・ガバナンス)。そのためには、政府だけで設計・運用する、巨大企業が一方的に設定するといったガバナンスではなく、社会の様々な立場にある組織や個人(マルチステークホルダー)が協働と相互評価を重ねて作り上げるガバナンスが求められる。また、社会実装においては、適したガバナンスの考案だけではなく、それを協働しながら現実化するための実践的なノウハウも必要とされる。

    イノベーションの担い手である企業自身が、他のステークホルダーを巻き込みながら、このようなガバナンスを設計するために求められる視座と実装するためのノウハウを得られるよう、本講座では、①課題の解決(目的)とその解決にあたって重視するべき価値(持続可能性・ウェルビーイング・プライバシーなど)の相互の関係、②イノベーションを成立させるためのガバナンスの諸論点(ルール・技術・組織の設計、アカウンタビリティ確保、紛争解決など)や、③協働する上での実践的な方法について、関連分野(法律・経営・倫理・リスク管理など)における第一線の専門家や実践者から、最新動向を踏まえた講義を受ける。そのうえで、課題に直面している現実の事例を取り上げ、受講者自身がガバナンスの仕組みを具体化するための模擬プロジェクトを行い、発表する。

  • 2.履修によって得られるもの

    ルール・技術・組織の設計および運用や、アカウンタビリティの確保に関するガバナンスの手法を理解するとともに、これらを組み合わせたガバナンスの在り方に関する理解を深める。

    これらを通じて、既存のルールや政府の政策を所与と受け止めずに、あるべき姿から発想する、新しい技術やビジネスモデルの実装に求められる視座を得る。

    スタートアップの参加を得て、企業とスタートアップが価値を共創するうえで必要なノウハウを得る。

    第1期以降の受講生のコミュニティに参加し、ネットワーキングの機会を得る。

TOP