download graspp user website pdf tell external home arrow_down arrow_left arrow_right arrow_up language mail map search tag train

東京大学公共政策大学院 | GraSPP / Graduate School of Public Policy | The university of Tokyo

2019国際シンポジウム「再生可能エネルギーと公共政策」 2019年02月08日(金)

(参加費無料・日英同時通訳)

パリ協定が提唱する将来の低炭素・脱炭素社会に向けて再生可能エネルギーが重要な役割を果たすことが期待されています。他方、その更なる普及拡大に向けての経済的・技術的・制度的・政策的課題も数多く存在します。本シンポジウムでは再生可能エネルギーの費用対効果、再エネ大量導入に向けた課題、3つのE(エネルギー安全保障、環境保全、経済効率)のバランスに基づく再エネ促進策のあり方等につき、国内外の専門家による講演・パネル討論を行います。

■日時 2019年 2月8日(金)13:30~17:00(受付13:00~)
■会場 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター(福武ホール地下2階)
■申込 要事前申込(先着順)。こちらの登録フォームからお申込み下さい。

<プログラム>
13:30-13:40 開会挨拶
有馬 純 東京大学公共政策大学院教授

13:40-15:00 基調講演
Measuring economic benefits of renewable energy
Dr. Rabia FERROUKHI, Deputy Director of the Knowledge, Policy and Finance division, IRENA

Cost and benefit of renewable energy – Japan’s context
松尾 雄司 日本エネルギー経済研究所研究主幹

Role of renewable energy in “best energy mix”
Dr. Ben HEARD, Consultant, Asset Performance, Frazer-Nash Consultancy; and Founder, Bright New World

Challenges of a Renewable-Dominant Transition
Prof. Peter HARTLEY, the George and Cynthia Mitchell Professor of Economics at Rice University, Scholar of Energy Economics at the Baker Institute

15:00-15:20 休憩

15:20-16:50 パネル討論
杉山 大志 キャノングローバル戦略研究所上席研究員
秋元 圭吾 地球環境産業技術機構主席研究員
Dr. Rabia FERROUKHI, IRENA
Dr. Benjamin HEARD, Frazer-Nash Consultancy/Bright New World
Prof. Peter HARTLEY, Rice University
松尾 雄司 日本エネルギー経済研究所研究主幹
モデレーター 有馬 純 東京大学公共政策大学院教授

16:50-17:00 閉会挨拶

終了後、懇親会(自由参加)あり。