graspp user website pdf tell external home arrow_down arrow_left arrow_right arrow_up language mail map search tag train

東京大学公共政策大学院 | GraSPP / Graduate School of Public Policy | The university of Tokyo

公共政策大学院基金 ご支援のお願い Donation

院長 飯塚敏晃公共政策大学院は、広く公共政策に関わる政策プロフェッショナルの養成を目指し2004年4月に設立され、今年で13年目を迎えます。法学、政治学、経済学をバランスよく学ぶ学際的教育と、実務家教員による授業や具体的事例を素材とした実践的教育を行い、政策の立案・評価・実施にたずさわる実務家を養成してきました。おかげさまで修了者数は順調に増加し、2015年度末には1000名の大台を突破いたしました。修了生は日本及び海外の行政機関を中心に活躍し、近年はシンクタンクや金融、メーカー等にも活躍の場を広げています。

設立以来の重点課題は国際化であり、シンガポール国立大学リー・クアンユー公共政策大学院、コロンビア大学国際公共政策大学院、パリ政治学院、ヘルティ・スクール・オブ・ガバナンス、ソウル大学国際大学院、北京大学国際関係学院とダブル・ディグリー、交換留学等の提携協定を締結し、2016年夏からロンドン・スクール・オブ・エコノミクスもこれに加わりました。また英語のみで修士号の取得が可能な国際プログラムが設置されており、現在では授業の約45%が英語で行われています。2016年度からは博士後期課程も始まり、高度な研究能力、学際的能力、国際的実務能力を有し、日本及び世界の公共政策をリードする人材の輩出を目指しております。

国からの運営費交付金も年々減少する中、これからも高度な研究と教育を持続するためには、外部からの安定した資金を財源として確保することが非常に重要となります。
我が国の今後の経済発展の中核となる有為な人材の育成と、当大学院の国際競争力の更なる強化の観点から、公共政策大学院への温かいご支援をお待ちしております。

東京大学公共政策大学院 院長 飯塚敏晃

公共政策大学院に寄附をする

世界の公共政策を担う人材の育成にご支援ください

「施設支援《環境整備》」教育環境の向上・充実/「学生支援《国際化推進》」ライバルは世界の公共政策大学院/「教育支援《寄附講座》」喫緊の社会問題について学生と白熱議論/「研究支援《研究プロジェクト》」研究成果を政策提言につなげる

1. 教育・研究施設の一層の充実を図ります

平成29年度夏に完成が予定されている新棟(経済学研究科棟西側)に公共政策大学院も入居することになっています。これにより、これまでキャンパス内に点在していた教室や研究室がほぼ一か所にまとめられ、教育・研究環境が整います。
皆様からのご支援は学生演習室やセミナー室等の充実のために使わせていただきます。

2. 学生支援を向上させ、更なる国際化を目指します

公共政策大学院の留学生比率は40%近くで、その割合は学内トップです。出身国も30か国近くに及び、まさにコスモポリタンキャンパスを実現しております。
皆様からのご支援は、海外からの留学生と海外へ留学する学生の奨学支援をするための経費として活用させていただきます。

GraSPPの国際化の現状
留学生比率は東大の部局の中で最大!

graph1

各年度4月

28カ国からの学生が学ぶコスモポリタンキャンパス

graph2

2016年4月現在

3. 社会との連携により、喫緊の社会課題をテーマとする寄附講座を立ち上げます

寄附講座では、テーマに関連した授業を行うほか、シンポジウム、セミナー、研究会を開催します。寄附講座には寄附者のお名前を冠した名前をつけることもできます。
皆様からのご支援は、寄附講座を運営するための経費として使わせていただきます。

これまでの寄附講座の例
講座テーマ 期間
エネルギー・地球環境の持続性確保 2006年~2008年
リスクマネジメント 2006年~2011年
資本市場のあり方 2007年~
不動産証券化 2009年~
エネルギーセキュリティ 2010年~
医療技術評価 2012年~
経済成長とリスクマネジメント 2014年~

> 寄附講座に関してもっと詳しく見る

4. より実践的な研究を行い、政策提言につなげます

公共政策大学院では設立当初より実務と最先端の研究教育との架橋を心がけてきました。現実の政策ネットワークと広く結びつくことによって、より高度で、より実践的な研究教育を展開することができます。
皆様からのご支援は、研究プロジェクトを運営するための経費として使わせていただきます。

これまでの寄附研究の例
研究テーマ 期間 参加企業数
国際交通 2005年~ 5社
海洋政策 2008年~ 1社
アジアへの技術移転 2010年~ 4社
医療政策 2010年~2015年 10社
人材政策 2014年~ 4社

> 寄附研究に関してもっと詳しく見る

ご寄附の方法

A. 企業としてご支援をいただける場合

general[at]pp.u-tokyo.ac.jp([at]は@に置き換えてください)までご連絡ください。

B. 個人の方

1. 東大基金のHPからのお申込み
寄附情報入力は以下のようにお願いします

寄附目的:支援プロジェクトを指定する
支援プロジェクト:公共政策大学院基金

※クレジットカード決済、インターネットバンキング決済、銀行振り込み決済から振込方法を選択できます。
※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

2. 払込取扱票によるお申込み

東京大学基金の「払込取扱票」に必要事項(各票の※印欄)をご記入の上、各金融機関窓口よりお振込みください。ゆうちょ銀行・郵便局および以下の金融機関の本支店窓口でのお振込みは手数料がかかりません。「払込取扱票」は寄附申込書も兼ねております。
振込み手数料が必要となる場合は、東京大学が負担しますので、ご寄附いただく金額から手数料分を差し引いた金額をお振込みください。

口座名義

国立大学法人東京大学

口座番号
三井住友銀行 東京公務部 (096)普通預金0165539
みずほ銀行 本郷支店 (075)普通預金2592055
三菱東京UFJ銀行 本店 (001)普通預金0634582
りそな銀行 本郷支店 (453)普通預金1714277
ゆうちょ銀行 00140-8-741661

税制上の優遇措置

東京大学へのご寄附には税法上の優遇措置が適用されます。
詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

寄附に関するお問い合わせは general[at]pp.u-tokyo.ac.jp ([at]は@に置き換えてください)宛てにご連絡ください。