download graspp user website pdf tell external home arrow_down arrow_left arrow_right arrow_up language mail map search tag train

東京大学公共政策大学院 | GraSPP / Graduate School of Public Policy | The university of Tokyo

参加希望の皆様へ

参加希望の皆様へ

参加方法

キャンパスアジアプログラムでは参加者を随時募集しています。
申請方法は以下をご確認ください。

募集要項/Application Guidelines (Japanese only)

在学生および入学予定者の場合

下記書類を記入の上、メール添付にて提出
留学形態 交換留学、ダブルディグリー
応募資格
  1. 東京大学公共政策学教育部正規課程に在籍又は在籍予定の学生
  2. TOEFL iBT 88点以上
  3. 日本国籍、韓国籍を有する学生
応募書類
  1. キャンパスアジアプログラム参加申請調書(ダウンロード
  2. TOEFL成績証明書(原本又は写し)
  3. 最新の成績証明書(和文または英文・コピー可)
  4. 志望理由書(英文、500~1,000words)
  5. パスポートコピー(写真ページ)
応募書類提出先 campusasia””pp.u-tokyo.ac.jp (””を@に置き換えてください) (東京大学公共政策大学院 キャンパスアジア担当宛)
(注)キャンパスアジアプログラムは、日中韓の学生交流プログラムであるため、特に日本国籍および特別永住権のある韓国国籍の学生の参加を奨励します。中国国籍の学生は、北京大学への留学が認められないため、プログラムへの申請はできません。 Japanese citizens and Korean citizens with special permanent residence in Japan are highly encouraged, as the CAMPUS Asia Program is a student exchange program between Japan, China and South Korea. Chinese citizens are not eligible to participate in the CAMPUS Asia Program from the UTokyo due to the Peking University’s policy.

MPP/IP Applicants who wish to pursue the CAMPUS Asia Program option

Track Exchange track and Double Degree track
Eligibility
  1. Applicants to Master of Public Policy, International Program (MPP/IP) at the Graduate School of Public Policy, The University of Tokyo
  2. TOEFL iBT 88 or above
  3. Japanese citizens and Korean citizens with special permanent residence in Japan are highly encouraged. Chinese citizens are not eligible to participate in the CAMPUS Asia Program from the UTokyo due to the Peking University’s policy.
Application documents Refer to the MPP/IP Application GuidelinesLink
Submit to Refer to the MPP/IP Application GuidelinesLink
Important notes MPP/IP applicants who wish to pursue the CAMPUS Asia Program option must follow the instructions below. In addition to the examination for MPP/IP, the Admissions Committee will check the applicants’ suitability to the CAMPUS Asia Program. If the applicant is not allowed to pursue the CAMPUS Asia Program, he/she is considered as an MPP/IP applicant without it.
  1. Create an account on the GraSPP Online Application System. Choose the [MPPIP-2010] program for September 2020 enrollment or the [MPPIP-2020] program for April 2020 enrollment. Complete the forms according to the GraSPP Online Application System User Guide for Applicants. (available on November 5)
  2. Make sure to answer the questions on the CAMPUS Asia Program in the Additional Information section. Choose Yes in the question Are you applying for the CAMPUS Asia Program?
  3. Select one track of your preference at the time of application. Note that applicants can change the track at a later time but application for Double Degree with PKU must be submitted to PKU 18 months before the actual enrollment at PKU. 
    • Double Degree with SNU and Exchange with PKU (recommended)
    • Double Degree with PKU and Exchange with SNU (recommended)
    • Exchange with SNU and PKU 
  4. Describe your motivation in the text box below the question Describe why you would like to participate in the CAMPUS Asia Program. (within 500-1000 words)
Apply Now (under construction)

(参考)留学先への申請について

キャンパスアジアプログラムへ参加後、北京大学・ソウル学校へダブル・ディグリー/交換留学申請が必要となります。 申請内容については以下をご確認ください。
留学形態 交換留学、ダブル・ディグリー
派遣・申請時期 派遣先 派遣開始学期 申請時期
北京大学 春学期 2月中旬~6月下旬 (EX)前年10~11月頃
秋学期 9月初旬~1月中旬 (EX) 同年3~4月頃 (DD) 前年3~4月頃 【重要】北京大学へのダブル・ディグリー申請時期は留学する1年半前、派遣開始は秋学期のみとなります。
ソウル大学校 春学期 2月下旬~6月下旬 (EX) 前年8~9月頃 (DD) 前年8~9月頃
秋学期 9月初旬~12月下旬 (EX) 同年1~3月頃 (DD) 同年3~4月頃
応募資格
  1. 日本国籍、韓国籍を有する学生※
  2. 東京大学公共政策学教育部正規課程に在籍の学生
  3. TOEFL成績証明書(原本または写し) 北京大学ダブル・ディグリー:100点以上北京大学交換留学:90点程度ソウル大学校ダブル・ディグリー:88点以上(修了時100~104点以上必要)ソウル大学校交換留学:88点以上
※中国国籍の学生は、北京大学への留学が認められないため、プログラムへの申請はできません。
応募書類
  1. 推薦書1〜2通※(ソウル大学校は先方指定の様式あり)
  2. TOEFL成績証明書(原本又は写し)
  3. 最新の成績証明書(和文または英文・コピー可)
  4. 申請書(先方指定、志望理由含む)
※留学先・形態によって変更する可能性があるため、詳細は、申請時にご案内致します。
問い合わせ先 東京大学公共政策大学院 キャンパスアジア担当 campusasia””pp.u-tokyo.ac.jp (””を@に置き換えてください)