download graspp user website pdf tell external home arrow_down arrow_left arrow_right arrow_up language mail map search tag train

東京大学公共政策大学院 | GraSPP / Graduate School of Public Policy | The university of Tokyo

キャンパスアジアプログラムとは

キャンパスアジアプログラムとは

プログラムの概要

日中韓のトップ3大学による、先例のない3方向のダブル・ディグリー

CAMPUS Asiaプログラムは、日中韓の大学が学生や教職員の交流を促進し、密接な協力関係の中で次世代アジアを牽引するグローバル人材を育成するという構想のもと、文部科学省「大学の世界展開力強化事業」の一つとして始まりました。東京大学公共政策大学院は本事業が始まった2011年当初からCAMPUS Asiaプログラムに参加し、北京大学国際関係学院、ソウル大学校国際大学院とともにBESETOというコンソーシアムを形成して、大学院レベルでの3方向ダブル・ディグリーと交換留学という難易度の高い日中韓交流に挑戦してきました。本大学院はこれまでにも数多くの海外大学と交換留学やダブル・ディグリーを実現してきましたが、アジアトップクラスの大学院が3方向で英語によるダブル・ディグリーを実施するのは初の試みです。日中韓の関係改善が重要性を増しているなか、3カ国で国際関係と公共政策を学べるCAMPUS Asiaプログラムは、将来東アジアと世界を結ぶリーダーとしてグローバルな活躍を目指す学生にとって、他では得難い貴重な経験の場となることでしょう。

「ダブル・ディグリー+交換留学」または「交換留学+交換留学」のいずれかを選択

東京大学公共政策大学院のCAMPUS Asia プログラムは、参加学生が「ダブル・ディグリー+交換留学」(推奨)または「交換留学+交換留学」のいずれかを選び、どの学生も必ず3ヵ国で学ぶ経験を経て、学位の認定を受けるシステムです。具体的な例としては、最初の1年間を東京大学公共政策大学院で学び、その後、東京大学に在籍しながら北京大学国際関係学院、ソウル大学校国際大学院の2つの大学院に順次、ダブル・ディグリー取得先で1年間、交換留学先で1学期間留学。規定の単位を修めて留学先の留学先の修了要件を満たせば東京大学のほかにもう一つの大学の修士号を得ることが可能です。また、このプログラムでは、東大生の授業料は東京大学(在籍大学)のみに納めます(相互不徴収)。