download graspp user website pdf tell external home arrow_down arrow_left arrow_right arrow_up language mail map search tag train

東京大学公共政策大学院 | GraSPP / Graduate School of Public Policy | The university of Tokyo

セミナー「身体活動疫学 ~測定・コホート研究から社会的介入研究まで~」のお知らせ June 14, 2017

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

医学系研究科保健社会行動学/健康教育・社会学分野 近藤研究室からのお知らせを掲示します。

セミナー出席ご希望の方は東京大学医学系研究科健康教育・社会学分野 近藤尚己研究室(担当:永井)(Eメール
kondolab2@m.u-tokyo.ac.jp)へご一報ください。

・タイトル: 身体活動疫学 ~測定・コホート研究から社会的介入研究まで~

・スピーカー: 鎌田 真光 氏(Dr. Masamitsu KAMADA)ハーバード大学公衆衛生大学院 社会行動科学科 研究員

・日時: 平成29年6月21日(水) 14:30~16:00

・場所: 医学部教育研究棟2階 第1・第2セミナー室
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_09_j.html

・言語:日本語

・参加費:無料

・セミナー概要:
からだを動かすこと(身体活動・運動)は公衆衛生上、重要な意義があります。しかし、その研究手法や社会的対策は、他の健康課題と同様、一筋縄ではいきません。このセミナーでは、日本と米国で私が行ってきた研究を中心に身体活動疫学(運動疫学)の概要をお話します。ハーバード大学公衆衛生大学院内で企画準備中の身体活動疫学に関するnanocourseの内容や、加速度計を用いた米国最大規模のコホート研究、日本の地方自治体でのクラスター・ランダム化比較試験、プロ野球パ・リーグとの共同プロジェクト「パ・リーグウォーク」などについて紹介し、身体活動疫学の「これから」について、皆様と考える機会に出来ればと思います。

・スピーカープロフィール:
宮崎県出身。東京大学教育学部身体教育学コース卒業、同大学院教育学研究科修士課程に進学後、2006年から身体教育医学研究所うんなん(島根県雲南市立)にて行政職員の研究員として地域の健康づくりやスポーツ教育に携わる。2013年島根大学大学院医学系研究科にて博士号(医学)取得。現在、ハーバード大学公衆衛生大学院社会行動科学科研究員、日本学術振興会特別研究員、国立健康・栄養研究所流動研究員、東京大学大学院医学系研究科公共健康医学専攻客員研究員。身体活動疫学、行動科学、普及実践科学が専門。
http://researchmap.jp/kamada/

セミナーのご案内_Eng20170621

セミナーのご案内_日本語20170621