download graspp user website pdf tell external home arrow_down arrow_left arrow_right arrow_up language mail map search tag train

東京大学公共政策大学院 | GraSPP / Graduate School of Public Policy | The university of Tokyo

海洋アライアンス・海洋問題演習特別講義のお知らせ January 25, 2018

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

日時 2018216日(金)1000-1200(事前登録不要)

場所 工学部2号館212号講義室

   http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_03_j.html

 

タイトル「海賊対策の現状– UNODC国際海上犯罪プログラムの活動」

 

概要:

2017年上旬、一旦落ち着いたと見られていたソマリア海域での海賊の犯罪が増加傾向を見せた。本プレゼンテーションでは、海賊問題の現状分析と、海賊対策を担ってきた国連麻薬犯罪事務所(UNODC)の活動を紹介する。また、最後には、現在JPOとして勤務する職員より、採用情報も紹介する。

(関連のウェブサイト:https://www.unodc.org/unodc/en/piracy/index_new.html

 

発表者

Andrew MCLAUGHLIN, UNODC Programme Manager

三橋 佳寿代, Associate Expert