download graspp user website pdf tell external home arrow_down arrow_left arrow_right arrow_up language mail map search tag train

東京大学公共政策大学院 | GraSPP / Graduate School of Public Policy | The university of Tokyo

A1A2「事例研究(デジタル時代の行政と社会III(市民参加型社会のオープンガバナンス))」(5140164) September 20, 2018

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

9月27日 イントロダクション オープンデータ政策とオープンガバナンス 奥村
10月4日 U-18オープンデータと実践 ナカヤ
10月11日 日本政府のオープンデータ政策 平本健二:政府CIO上席補佐官
10月18日 困窮世帯の子どもに対し効果ある政策立案実践(一回目)
1.自治体から困窮世帯に関連するデータ提供。課題解決に向けて必要なデータの洗い出し。
2.デザイン思考と例として映像検討中 デザイン思考の頭出し
関東平野のある自治体
10月25日 山形県置賜地域におけるデータ活用と展開 前神有里:地域活性化ンセンター
11月1日 里親問題の底流に潜むもの 斉藤直巨:チャレンジ中野!Grow Happy Family and Community
11月8日 休み(月曜授業日)
11月15日 困窮世帯の子どもに対し効果ある政策立案実践 (二回目)
必要追加データの提示とデータ分析+困窮世帯の子どもと親のペルソナ作成( デザイン思考 )
関東平野のある自治体
11月22日 困窮世帯の子どもに対し効果ある政策立案実践 (三回目)
政策の立案検討(デザイン思考によるワークショップ)
関東平野のある自治体
11月29日 困窮世帯の子どもに対し効果ある政策立案発表と評価(四回目) 関東平野のとある自治体
12月6日 Code for Japan 日本型シビックテック集団の役割 関 治之
12月13日 テレワークの現場から(予定) 尾崎えりこ:Trist 代表
12月20日 医療介護現場に見るニーズドリブンイノベーション 江崎 禎英:商務・サービス政策統括調整官
12月27日 まとめ 奥村