download graspp user website pdf tell external home arrow_down arrow_left arrow_right arrow_up language mail map search tag train

東京大学公共政策大学院 | GraSPP / Graduate School of Public Policy | The university of Tokyo

A1A2「環境政策」(5123021) September 25, 2018

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

火曜4限「環境政策」履修希望の皆様へ(教室をめぐるミスのお詫び:公共政策有馬)

9月25日、環境政策第1回の授業を12階演習室Aで実施いたしましたが、授業後、本講義の履修を考えている公共政策大学院生の皆様が演習室Cで待っておられたことがわかりました。これは経済学部シラバス・時間割では演習室A、公共政策大学院シラバス・時間割では演習室Cになっていたことによるものです。公共政策の時間割では演習室Cとなっていたものの、演習室Aに環境政策を履修希望の学生の方が多数おられたため、自分の勘違いと思い、そのまま演習室Aで授業をしてしまいました。念のため、演習室Cをのぞいて声をかけるべきであったと深く反省しております。今回、小職のミスで皆様にご迷惑をかけてしまいましたが、環境政策の履修を希望される方はティーチングアシスタントの大依さん(karen.ohyori@gmail.com)までお名前とメールアドレスをご連絡下さい。第1回の講義資料をすぐにお送りすると共に、メーリングリストを通じて次回以降、講義資料が事前に届くようにいたします。本講義の成績づけは授業への出席、授業中のパフォーマンス(質問、コメント等)、最後のグループプレゼンでーションを総合判断して行いますが、小職のミスにより、第1回授業に出られなかった方については、当然、その旨を考慮いたします。その上で履修に関心のある方は第2回からでも是非、おいで下さい。第2回以降の教室ですが、履修者数が演習室Cのキャパシティを超える可能性もあるため、演習室Aで実施することとし、公共政策大学院、経済学部の時間割、シラバス上もその旨、修正いたしました。改めて小職のミスのため、貴重な時間を無駄にしてしまった皆様に深くお詫びいたします。