download graspp user website pdf tell external home arrow_down arrow_left arrow_right arrow_up language mail map search tag train

東京大学公共政策大学院 | GraSPP / Graduate School of Public Policy | The university of Tokyo

2月17日(水)にGraSPP-GCL Seminar:『組織のチェンジマネジメントにおける実益管理』を開催します January 21, 2016

Announcement

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

GraSPP-GCL Seminar 組織のチェンジマネジメントにおける実益管理

日時: 2016年2月17日(水) 14:00-16:30
場所: 東京大学本郷キャンパス 法学政治学系総合教育棟 404号室 MAP
主催: 東京大学公共政策大学院情報通信と行政研究プロジェクト(PAdIT)
情報理工学系研究科GCL
後援: (一社) 日本情報システム・ユーザー協会
(一社) 行政情報システム研究所
言語: 日本語/英語(日英同時通訳付)

参加費無料(定員40名、要事前登録)
申し込み

プログラム

14:00-15:00 講演
『組織のチェンジマネジメントにおける実益管理』
スティーブ・ジェナー氏
15:00-16:30 自由討議
講演者、参加者を交えて、実益管理, ポートフォリオ管理について自由に討議する

(司会)東京大学公共政策大学院客員教授 奥村裕一

講演者紹介

スティーブ・ジェナー氏は「ポートフォリオ管理 」(OGC /内閣府(現在Axelos))の共著者でもあります。 APMG(ITILやPrince2などの資格試験機関)のCESG情報保証の認定スキームの「ビジネス/ソフトスキル」のリード評価者も務めています。彼はまた、「実益の管理」という新しいガイドを執筆しています(2014年第2版)。これはまた、スティーブ・ジェナー氏が主査をしているAPMGインターナショナルの認定の基礎となります。

なお、彼は2011年4月に英国公務員を辞しましたが、現在は主要なプロジェクトやプログラムの独立したポートフォリオと実益管理のアドバイザ~をしています。

また、スティーブ・ジェナー氏は現在、QUT大学院ビジネススクール、ブリスベンで教鞭をとっています。