download graspp user website pdf tell external home arrow_down arrow_left arrow_right arrow_up language mail map search tag train

東京大学公共政策大学院 | GraSPP / Graduate School of Public Policy | The university of Tokyo

(ハイデルベルク大学よりご招待)レクチャーとディスカッション:日本とドイツの持続的なアーバン・イノベーション 2021年10月08日(金)

締切日/開催日 2021年10月13日(水)

今回2021年10月13日(水)、ハイデルベルク市のエッカート ヴュルツナー市長をお迎えしてのオンラインイベントが開催されます。インプットレクチャーで市のイノベーションプロジェクトを例示してご紹介いただき、またこれに隣接した研究分野を持つ日本とドイツの研究者とのイノベーション、持続可能性、また社会構造の変化の中で都市空間に求められるものごとに関するディスカッションが行われます。

今回のイベントはハイデルベルク大学京都オフィス(HUOK)が、ドイツ科学・イノベーション フォーラム東京(DWIH東京)の共催、ハイデルベルク市の協力で開催致します。イベントは日本語と英語(同時通訳)で行われます。

プログラム

日時:

2021年10月13日(水)

18:00 – 19:00(日本時間)

 

インプットレクチャー:

将来持続可能な都市としてのハイデルベルク

エッカート ヴュルツナー市長

 

コメント・ディスカッションの導入テーマ:

社会や労働構造の変化に伴い、今後どのような都市空間が求められるか?

 

内田 由紀子 教授(京都大学)

フィリップ シュルツ氏(ハイデルベルク大学アーバンオフィス)

岸 和郎 名誉教授(建築家/京都芸術大学院教授、京都大学名誉教授、京都工芸繊維大学名誉教授)

 

イベントの詳細につきましては、下記リンクでご覧いただけます。

http://huok.uni-heidelberg.de/news_jp.html

 

参加のお申し込みは2021年10月11日(月)までに、

info@huok.uni-heidelberg.de

宛てのご連絡をお願い致します。イベントへの接続リンク(Zoom)をお送りします。

 

今回のイベントはご関心をお持ちの皆様に広くご視聴いただけます。

ご不明な点などがございましたら、お気軽にハイデルベルク大学京都オフィス(HUOK)までご連絡ください。

 

ハイデルベルク大学京都オフィス

シェンク サビーネ

壱岐 洋子