download graspp user website pdf tell external home arrow_down arrow_left arrow_right arrow_up language mail map search tag train

東京大学公共政策大学院 | GraSPP / Graduate School of Public Policy | The university of Tokyo

飯塚敏晃教授と重岡仁教授の共著論文 “Asymmetric Demand Response when Prices Increase and Decrease: The Case of Child Healthcare” が、Review of Economics and Statistics に採択されました 2021年09月24日(金)

教員業績報告

飯塚敏晃教授と重岡仁教授の共著論文 “Asymmetric Demand Response when Prices Increase and Decrease: The Case of Child Healthcare” が、Review of Economics and Statistics に採択されました。

https://direct.mit.edu/rest/article/doi/10.1162/rest_a_01110/107395/Asymmetric-Demand-Response-When-Prices-Increase

論文では、近年大幅に増加した子供医療費助成の拡大・縮小を用い、価格上昇と下落が需要に及ぼす影響の非対称性を分析しています。分析結果は、価格(=自己負担割合)上昇時(0%から30%)の需要減は、価格低下時(30%から0%)の需要増の2倍以上となりました。需要が価格に非対称に反応することを示唆しており、政策立案においても価格変化の方向性に留意する必要性を示しています。