graspp user website pdf tell external home arrow_down arrow_left arrow_right arrow_up language mail map search tag train

東京大学公共政策大学院 | GraSPP / Graduate School of Public Policy | The university of Tokyo

インターンシップ Internship

東京大学公共政策大学院では、 インターンシップでの実習については学生の自主性に委ねておりましたが、 インターンシップの実施機関の中には、責任ある実習を行うために、 大学院による学生の推薦や覚書の締結を求めるところもあります。

実務教育を重視している当大学院では、 学生が実務の現場に触れることのできるインターンシップの機会をできるだけ活用したいと考え、別紙の通り、インターンシップ実施に関する要領を定めています。
この要領に従って、学生の推薦および実習生としての派遣を実施いたしますので、推薦等を希望される機関は、当大学院の大学院係までお申し出下さい。


インターンシップの履修登録及び単位認定の手続きについて

実践科目「インターンシップ」(科目番号:5139000)の履修登録及び単位認定の手続きについては、以下のとおりとします。

  • 公共政策に関わる政府、地方自治体、NPO、民間等の機関において1週間以上のインターンシップに参加する場合、履修登録を行い、1単位を修得することができます。
  • 履修登録は公共政策大学院係で随時行っています。
  • 単位の認定を求める学生は「インターンシップ申請書」に必要事項を記入し、担当教員の了解を得た上で、実施期間開始1週間前までに公共政策大学院係へ提出してください。.
  • インターンシップ終了後、1週間以内に「インターンシップ実施報告書」を作成し、担当教員に評価を依頼してください。
  • 評価を受けた後、「インターンシップ実施報告書」を公共政策大学院係に提出してください。

※担当教員となりうる教員は、以下のインターンシップ担当教員リストを参照してください。
※インターンシップによる単位修得は、修了までに1単位を上限とします。