download graspp user website pdf tell external home arrow_down arrow_left arrow_right arrow_up language mail map search tag train

東京大学公共政策大学院 | GraSPP / Graduate School of Public Policy | The university of Tokyo

第47回STIG PoPセミナー:原子力と放射線のリスク史 July 14, 2016

STIG

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

原子力発電における安全目標の設定、と放射線防護における一般公衆の被曝基準という今日的な問題のそもそもの成り立ちを探る研究を、二人の講演者の近著の内容を中心に講演していただき、その後、ディスカッションを行う予定です。

日時:2016年7月14日(木)15:00~18:00
会場:東京大学本郷キャンパス経済学研究科学術交流棟(小島ホール)第3セミナー室
言語:日本語
要事前登録:参加申し込みはこちらから
【講演1】菅原 慎悦 氏(電力中央研究所)
sugawara
「我が国の原子力分野における安全目標の活用-2003年安全目標案の背景とその実際から学ぶ-」
参考)電力中央研究所 研究報告書

【講演2】樋口 敏広 氏(Georgetown University, Department of History)
higuchi2
「「知の交渉」と放射線防護体制の多元性 : 第二次世界大戦後初期における一般公衆の被曝基準の策定過程」
参考)樋口 敏広著、同タイトル、『科学史研究』No.275 178-191(2015.10)