download graspp user website pdf tell external home arrow_down arrow_left arrow_right arrow_up language mail map search tag train

東京大学公共政策大学院 | GraSPP / Graduate School of Public Policy | The university of Tokyo

GraSPP公共政策トーク「国際キャリア」 April 16, 2021

Public Policy Talk

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

国際社会で公共政策を担う人はどんな人なのだろう?
大学でどんなことを勉強し、今の仕事にどのように役に立っているのだろう?
今回は外務省及び国連で勤務されている方を迎え、ワークライフについて聞いてみます。
日本のアフリカ外交について議論するとともに、駐在先での生活や外務省員が担う通訳業務の様子、男性職員の育休など、国際的な公共政策のキャリアの中身だけでなく、そのキャリアを担う人がどんなことを考え、どのような生活をしているのかを根掘り葉掘りトーク形式で聞き出していきます。

日時:2021年4月16日(金)17:00-18:00
開催方法:Zoomウェビナー
登録:必須。
こちらより登録ください。

スピーカー

大曲由起子
国連人権高等弁務官事務所 スーダン事務所 人権担当官
2005年米国メリーランド州ワシントン大学卒業(国際関係・中近東問題専攻)。政府奨学金にてクウェート大学留学、アラビア語課程修了。地元福岡で家庭内暴力被害者の保護施設にてボランティア後、東京大学公共政策大学院入学・2010年修了。NPO法人移住者と連帯する全国ネットワークにおいて事務局次長(2010-2015)、出産後国連本部にて紛争下の性的暴力担当・事務総長特別代表室(政務官)勤務。2020年6月より現職。

田村 優輝
外務省アフリカ部アフリカ第一課首席事務官
東京大学法学部卒業後、2005年に外務省入省。ケンブリッジ大学で修士号取得。在ガーナ日本国大使館二等書記官、総合外交政策局海上安全保障政策室、大臣官房総務課、アジア大洋州局地域政策課、総合外交政策局人権人道課兼人権条約履行室での勤務を経て、2019年9月より現職。2013-17年には、外務省通訳担当官として、総理大臣、外務大臣等政府要人の英語通訳を担当した。2021年4月より育児休業取得予定。

鈴木 一人
公共政策大学院教授
英国サセックス大学ヨーロッパ研究所博士課程修了。筑波大学専任講師・准教授、北海道大学教授を経て、2020年から現職。2013−15年に国連安保理イラン制裁専門家パネル委員。内閣府宇宙政策委員会宇宙安全保障部会委員、日本安全保障貿易学会会長、国際宇宙アカデミー正会員。主著に『宇宙開発と国際政治』(岩波書店)など。

 高見澤 將林
公共政策大学院客員教授
1978年防衛庁に入庁。運用企画局長、防衛政策局長、防衛研究所長、内閣官房副長官補(事態対処・危機管理担当)(国家安全保障局次長及び内閣サイバーセキュリティセンター長を兼務)などを歴任。退官後、201612月から約3年間、ジュネーブの軍縮会議日本政府代表部大使を務める。20204月から、東京大学公共政策大学院客員教授。

 

問い合わせ:graspp.pr.j(at)gs.mail.u-tokyo.ac.jp