download graspp user website pdf tell external home arrow_down arrow_left arrow_right arrow_up language mail map search tag train

東京大学公共政策大学院 | GraSPP / Graduate School of Public Policy | The university of Tokyo

チャレンジ!オープンガバナンス 2020に向けて 2020年06月07日(日)

STIG , COG

チャレンジ!オープンガバナンス(COG)2020に向けて
(オンラインキックオフイベント)

 

1.日時:2020年 6月7日(日)13:30~17:00

2.場所:オンライン開催 詳細はこちら

3.共催:東京大学公共政策大学院 科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」教育・研究ユニット(STIG)、東京大学ソーシャルICT グローバル・クリエイティブリーダー育成プログラム(GCL)、一般社団法人オープン・ガバナンス・ネットワーク(OGN)

  連携:Roy and Lila Ash Center for Democratic Governance (the Ash Center) at the John F. Kennedy School of Government at Harvard University

  協賛:LINE株式会社、JIPDEC など

  後援:(一社)行政情報システム研究所、(一財)地域活性化センター、Code for Japan、(一社)オープン・ナレッジ・ファウンデーション・ジャパン、(一社)オープン・コーポレイツ・ジャパン、その他昨年度にならい申請中

4.テーマ:チャレンジ!!オープンガバナンス(COG)の意義と課題 ダイアログ 

                <COG2020の公式サイトは作成中です お待ち下さい>

          チャレンジ!!オープンガバナンス2019(COG2019)の結果はこちらをご覧下さい。

5.参加申し込み こちらからどうぞ

6.スケジュール

(第一部)COGの意義と課題~ダイアログ 13:30~15:45

(1)開会挨拶:COG審査副委員長 坂井修一 歓迎挨拶:LINE株式会社 江口清貴

(2)イントロダクション COG2020の新機軸 (COG事務局  奥村裕一)

(3)過去の受賞チームなどから見たCOGの意義と課題  13:50~14:00

(4)審査委員によるCOGの意義と課題~討議  14:00~15:40
   (3)のプレゼンを素材にしながら議論を深めます
   参加の審査委員は目下全員の10名です

(5)総括 城山英明審査委員長 15:40~15:45

(第二部)COG2020自治体の応募にあたっての説明(COG事務局提供) 16:00~16:30(多少延長の可能性あり)

  COG事務局の奥村から、COG2019の手順について、詳しく説明します

  COG2020のサイトは6月1日に公表します

  (1)自治体による地域課題と関連するデータのエントリー:2020年6月~8月末

  (2)市民・学生によるその課題解決のアイデアの応募:2020年9月半ば~12月20日

  (3)審査委員による審査とアドバイス:2021年1月~4月末

  (このうち最終公開審査は次の通り)

  ・最終公開審査の開催日時及び場所:
   日時:2021年 2月28日(日)
   場所:東京大学本郷キャンパスとオンラインの組み合わせ(状況次第で開催方法変更あり)

チャレンジ!!オープンガバナンス2019(COG2019)の結果はこちらをご覧下さい。

 <参加申し込み こちら からどうぞ>