download graspp user website pdf tell external home arrow_down arrow_left arrow_right arrow_up language mail map search tag train

東京大学公共政策大学院 | GraSPP / Graduate School of Public Policy | The university of Tokyo

重岡仁教授の共著論文 “COVID-19 Vaccination Mandates and Vaccine Uptake” が、Nature Human Behaviourに採択されました 2022年06月07日(火)

教員業績報告

重岡仁教授のAlexander Karaivanov, Dongwoo Kim, and Shih En Lu氏との共著論文 “COVID-19 Vaccination Mandates and Vaccine Uptake” が、Nature Human Behaviourに採択されました。

重岡 仁 教授およびサイモンフレーザー大学のKaraivanov教授、Kim教授、Lu教授らの研究グループは、ワクチンパスポート導入のアナウンスにより、ワクチン未接種者のコロナワクチン接種が大幅に上昇することを、カナダ、フランス、イタリア、ドイツのデータを用いて示しました。本研究成果は、2022年6月2日(米国東部標準時)に米国科学誌「Nature Human Behavior」のオンライン版に掲載されました。

本論文は、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)等の行政機関やThe Economist等の雑誌や新聞に広く取り上げれました(https://www.economist.com/graphic-detail/2022/01/22/do-vaccine-mandates-actually-work)。

発表のポイント
  • 政府がワクチンパスポートの導入をアナウンスすることで、ワクチン未接種者のコロナワクチン接種が大幅に上昇することを、カナダ、フランス、イタリア、ドイツのデータを用いて示した。
  • 本研究は、ワクチン未接種者のコロナワクチン接種を促す上で、ワクチンパスポートの導入が有効である可能性を示した、世界で最初の論文の一つである。
  • 本論文の知見は、今後コロナ以外の新たな感染症が発生した際に、政府がワクチンパスポートを導入するかを考慮する際の重要な資料となることが期待される。

 

発表雑誌

雑誌名:「Nature Human Behaviour」
論文タイトル:COVID-19 Vaccination Mandates and Vaccine Uptake
著者:Alexander Karaivanov, Dongwoo Kim, Shih En Lu, and Hitoshi Shigeoka
DOI番号:10.1038/s41562-022-01363-1
アブストラクトURL:https://www.nature.com/articles/s41562-022-01363-1

 

リリース文:https://www.pp.u-tokyo.ac.jp/wp-content/uploads/2022/06/pressrelease_graspp-profshigeoka.pdf