download graspp user website pdf tell external home arrow_down arrow_left arrow_right arrow_up language mail map search tag train

東京大学公共政策大学院 | GraSPP / Graduate School of Public Policy | The university of Tokyo

Topics

Topics

CAMPUS Asia広島スタディートリップ2019年08月19日(月)

Events

2019723日~25日、今学期開講のキャンパスアジアプログラム実践科目(CAMPUS Asia Joint Course: International Public Policy in East Asia)の締めくくりとして、東京大学、北京大学、ソウル大学校の学生と教職員合計20名で広島県へフィールドトリップに行って参りました。

本フィールドトリップは、訪問地ならではの戦争の歴史、平和・安全保障、産業発展、文化に関係の深い施設への訪問、有識者によるセミナーやディスカッションを通じ、東アジアの今日的な課題について学習・理解することを目的としています。

初日に広島市立大学サテライトキャンパスで開かれたセミナーでは、現在の日米・東アジアの安全保障体制が抱える課題とジレンマについて吉川元教授に講義いただき、活発な質疑応答を通じて参加学生一人一人がこのテーマについて考える機会を得ました。

二日目の海上保安大学校訪問では、海上保安の観点での安全保障上の課題を古谷健太郎教授に講義いただきました。また、同校に在籍するアジア各国からの幹部留学生とのグループディスカッションを通じ意見交換をさせていただく機会も得ることができました。

その他、大和ミュージアム、原爆ドーム・平和記念公園資料館、マツダミュージアムの見学を通じ、机上の学問だけでは得られない説得力をもった展示を通じ、多角的に学びを深めることができました。

三日目の最終日は梅雨明けの快晴に恵まれ、美しい瀬戸内海と宮島、朱色に映える厳島神社を堪能しました。また、もみじ饅頭作りの体験教室に参加し、一同和気藹々、楽しい旅の締めくくりとなりました。